ルミガンの塗り方のコツとは

まずは量を抑えて使い慣れる事から

ルミガンを塗るのは、意外と苦労するという情報もあります。
確かに、まつ毛の生え際なんて、ミリ単位の場所ですから、相当手先が器用でもない限りシビアに塗るのが慣れない内は大変ですよね。

もっとも、ルミガンは目に入っても大丈夫なので、塗るのに失敗したところで健康被害が生じるということはありません。そもそも、ルミガンの有効成分であるビマトプロストは、緑内障の点眼薬として使われていた成分なので。

しかし、健康被害とまでは言わなくても、ルミガンは皮膚に対してある困った症状を引き起こしてしまうみたいです。

それが、色素沈着。
長期間に渡りルミガンが触れていた部分の肌が黒っぽくなるという事です。まつ毛の生え際なら、まつ毛が隠してくれるのでそこまで困りませんが、塗ったルミガン溜まりやすい目尻だと地味に目立つため、結構困るそうです。

では、そうした事態を避けるには、どうすれば良いのでしょうか?

こんな時には、「ちょっと少な過ぎるかな?」と思うくらいの最小限の量だけ、まつ毛の生え際に塗れば良いそうです。

確かに、これならまつ毛を伝って目尻や顔に垂れ落ちるということは無いと思います。また、フリーハンドや綿棒ではなく、アプリケーターなど細かい部分に塗れるグッズを使うのも有効です。

中には、「アイシャドーの代わりになって好都合」なんていくヘビーユーザーも居るくらいなので、そこまで心配しなくても良いのかもしれませんが、気になったら使用中断が賢明である事に変わり有りません。