ルミガンは目に入るとどうなるの?

元々は点眼薬なので問題は無いけど

ルミガンというまつ毛育毛剤は、まつ毛の生え際と、結構細かい場所に塗らなければいけません。

そのため、最初の内は慣れないせいで、目に入ってしまうことも多々あると聞きます。

「目の中に入るのは大丈夫なの?」

このような不安がつきまとうかもしれませんが、もしも不安が大きいなら、使わない事が最良な手段です。

また、ネットの一部では、ルミガンを使い続けると失明する、という怖い噂も流れているので、ちょっと心配になるかもしれません。しかし、実際のところ、ルミガンが目に入ったところで、重篤な健康被害が生じることは無いそうです。

具体的には、ビマトプロストにアレルギー反応が起きて、目が痒くなったり充血したりするくらいとかで。その辺は、副作用のページでも触れていますが、元々は緑内障(眼圧が上がる眼病)を改善する為のもので、点眼薬として使われてきました。

しかし、目にいくら入っても大丈夫だからと言って、零れ落ちるほどたくさん塗るのは推奨されないのは言うまでもありません。なんでも、育毛剤がもったいないというのもありますが、何より、皮膚に垂れるとそこに色素沈着ができたり、体毛が部分的に濃くなったりするのだとか。

そのため、ルミガンは塗布する際は、本当に量はちょっとだけで良いとのことでした。また、専用のアプリケーターや、化粧道具の小筆みたいのを使うと、上手く塗れるそうです。

また、そうする事で1ボトルで十分持つようになるので、費用も抑える事ができます。その分、保管は涼しい場所で行うなど、管理もきちんとしましょう。