まつ毛エクステと比較

印象は同じで使い心地は大きく異なります

従来のまつ毛ボリュームアップの方法とすれば、
より即効性があり効果がはっきりしているものとして、まつ毛エクステがあります。

では、まつ毛エクステとルミガンとを比較した場合には、
どのような違いがあるのか確認してみたいと思います。

時間
まつ毛エクステだと、片目の施術時間に少なくても1時間を見積もると、両目で2時間もかかってしまいます。それに、サロンまで通う時間も含めると、半日程度は浪費してしまいます。
その点、ルミガンならさっと一塗りするだけなので、丁寧にやったとしても片目2~3分程度です。
美容は、お金も時間もかかるものですが、できる事なら短時間で済ませたいものですね。
お金
まつ毛エクステだと、120本で13,000円以上(参考価格)もかかってしまいますが、長期間、確実に接着しているというものでもなく、場合によっては、すぐにボロっと取れてしまう事もあります。
その点、ルミガンなら、薬液1本が3,600円(参考価格)で1ヶ月程度は持ちますし、自分のまつ毛なのでボロっと取れる心配もありません。
しかも、成長期が延長されるので抜けるのサイクルも遅くなります。
副作用
まつ毛エクステは、肌が弱い人であれば、接着剤の影響により炎症を起こして腫れてしまう場合もあります。ルミガンにも、色素沈着や眼球に触れたときの充血などが副作用としてありますが、元々、緑内障の薬として使用されてきたものなので、炎症までのリスクは限定的です。
目に入れても大丈夫な医薬品を使用するのか、接着効果のある科学材料を付けるのか。
まつ毛の痛み
まつ毛エクステは、やりすぎると接着剤の影響もありまつ毛がボロボロになってしまう事もありますが、ルミガンは、まつ毛の成長を促進する働きが臨床試験で認められているので、より元気なまつ毛にする事が期待できます。

このように、大きく4つのポイントを比較してみると、まつ毛エクステはボリュームアップに即効性はあるものの、その分リスクも大きく、悩みが増える原因ともなりかねません。
一方ルミガンは、色素沈着や充血は気になるものの、塗りなれていくうちに、そういったリスクも軽減できます。

しかも、自分のまつ毛なので取れる心配もありませんし、洗顔なども問題なく行えます。
これらのポイントを参考として、あなたにとってどちらがメリットが大きいかを考えてみる事で、より良い回答が見つかるのではないでしょうか。