ルミガンで二重まぶたになれる?

眼圧が下がる事でなり得るそうです

ルミガンは、塗る場所がまつ毛の生え際とかなり細かいので、使い慣れるまで最初は時間がかかるかもしれません。でも、それは、ルミガン使用者の全員が通らなければならない道です。

専用のアプリケーターを使っても、目に入ったり目尻や顔に垂れたりする場合もあるようなのですが、そのせいで、目や皮膚が痒くなったり赤くなったりする副作用が生じる場合も多いのだとか。

まぁ、こうした副作用は、体がルミガンの成分にアレルギー反応を示しているのが原因に過ぎないため、一定期間使用して体が慣れたらすぐ大丈夫になるそうです。

しかし、こうした軽い副作用とは別に、ルミガンにはある意外な副作用があります。それは、瞼が二重になるというものです。

なぜ、ルミガンで瞼が二重になるのでしょうか?

全然両者の間の因果関係がイメージできませんが、実際そういうケースは一定数あるとのことでした。なんでも、ルミガンの主成分(ビマトプロスト)には、眼圧を下げる効果があるため、それによって瞼の皮膚がたるんだ結果、二重になるのだとか。

眼圧が下がり、まぶたにゆとりが持てるようになり、自然と二重。
目がパンパンで一重だったという人には、うれしい副作用かもしれません。

つまり、この瞼に生じる副作用は、ルミガンが目に入った場合に生じるんですね。しかし、同じ原理で二重瞼が三重瞼になることもあるそうです。そのため、既に二重瞼の人は、ルミガンが目に入らない注意すべきとのことでした。

緑内障による眼圧を下げる成分でもありますが、ルミガンは、あくまでもまつ毛育毛剤として作られているものなので、まつ毛の生え際以外は使用厳禁です。くれぐれも自己責任で注意しましょう。