ルミガンと美容液との違い

ルミガンと美容液では効果について大きな違いがあります

ルミガンと美容液の大きな違い。
それは、効果の有無を明確にできるのかどうかが大きいと思います。

美容液は、あくまでも美容に関する効果の期待できるだけのもので、どちらかというと、化粧水と同じように、美容成分の浸透により痛んだまつ毛を保湿する働きや補修をする事が出来るというものです。

まつ毛美容液に分類される以上は、美容効果はあるものの、まつ毛が伸びるなどの具体的な育毛効果を解説すると、薬事法に抵触してしまう恐れもあり、実は効果が有っても育毛効果を明確にする事は出来ません。

美容液は、食品でいう所のサプリメント(健康補助食品)と同じようなものです。
一部の医療効果が認められる場合には、医薬部外となる事もありますが、まつ毛育毛に関しては医薬品としてルミガンがありますので、わざわざ効果の限定された医薬部外品を選ぶ必要はありません。

一方、ルミガンは医療成分を利用したまつ毛育毛の医薬品です。
その背景には、医療現場の存在というものがある事、また、基本的には、医師の処方箋が無いと購入する事が出来ないという特徴があります。

これは、臨床試験によりある一定以上の効果が認められたものであるという証明でもあり、用法、容量が決められているので、医師の判断の元であれば、購入が許されるという事でもあります。

ただし、インターネットの医薬品通販サイトでは、個人の利用に限り医師の処方箋を必要とせずに購入する事が可能です。その分、自己管理が必要ですが、日本でも多くの女性がネット通販を利用して購入しています。

このように、美容液とルミガンをはじめとする医薬品には、効果に大きな違いがあり、
医薬品では効果についての説明が許されていても、美容液では、許されない場合もあります。実際の効果も、美容液の方がバラバラで明確なものが有りません。

ルミガンと美容液。
それぞれの特徴を理解した上で、必要なものを選ぶようにしてください。