ルミガンは何ヶ月で効果が出るの?

早ければ1ヶ月以内に実感できるけど

まつ毛育毛剤と言えば、ルミガンが一番有名ではないでしょうか。
元々は、アプリケーターセットのラティッセが発売されていましたが、やはり、価格がネック。同成分で続けやすいルミガンが人気なのがうかがえます。

今では数え切れない程の種類がまつ毛美容液として販売されていますが、ルミガンは先駆者でありまつ毛育毛剤です。

しかし、ネットには、ルミガンに関してあまり良くない評価も存在します。それは、全然効果が無かったという声がある事です。

しかし、ルミガンの主成分であるビマトプロストは、皮膚下の毛母細胞を刺激することで、体毛の促進を促してくれる化学成分であり、その働きは、まつ毛の生え際に塗れば、その下にある毛母細胞が刺激され、まつ毛の成長期間の延長です。これにより、今までより長く伸び、結果的に太さも改善します。

では、なぜ効果が無いという声が出てくるのでしょうか?

それは、ルミガンのそうした効き目が表れるには、少し時間がかかることに加え、その程度には個人差もあるからです。詳しく言うと、早ければ2週間から1か月くらいで効果を実感できるのですが、遅いと2~3か月かかる場合もあるとのことでした。

となると、運悪く後者の場合で、モチベーションを保てず途中で辞めてしまった人が効果が無かったと思ってしまうのも頷けます。しかし、考えてみれば髪の毛に使う育毛剤だって、効果が出るまでに時間がかかりますから、その点はある程度仕方ないのかもしれませんね。

長く愛用しているユーザーなら、数ヶ月かかるのは当たり前に理解しているものかもしれませんが、中には、「薬=即効性」と誤解している場合に、こうした事が起こりやすいのかもしれません。